管理人ちゃんもりをTwitterでフォローする >>

恋愛のキッカケは見た目から?!あなたはココを見られています

「人は外見より中身が大事」

この意見に賛成です。理由は実体験として外見だけで人を好きになると長続きしなかったからです。

わたしの場合ですが、外見で人を選ぶとワンナイトで終わったり、付き合っても2,3ヶ月でお付き合いが終了します。

でも今回はあえて!あえてですよ。

「外見の方が大事」説を説いていきます。なぜなら恋のキッカケは中身ではなく外見から入る人が多いからです。

人として中身を磨くのはもちろん大事ですが、恋のキッカケをつかみたい方はまず外見の自分磨きをする必要があるということです。

いや、何を言っても外見より中身の方が大事でしょ!

という方は今回の記事を読んでもしっくりこないかもしれません。

念のため繰り返しますが、わたしも人は外見より中身の方が大事だと思っています。

でも今回はあえて外見にフォーカスして話を進めていきます。

スポンサーリンク

腕2本ぶんの男

「恋愛×外見」の記事を今回書こうと思ったキッカケは一冊の本との出会いです。

\ ヒトは医学で恋してる! /

こちらの本に「腕2本ぶんの男」というタイトルがついた章があります。

女性が男と接する際、相手を最も魅力的に感じるのは腕2本ぶんの距離にいるときだ、ってことが多くの実験から判明している。

引用の通りですが、女性が男性を一番魅力的に見える距離が腕2本ぶん(約1.5m)らしいのです。

肌のブツブツが気にならない、口臭が届かない距離が腕2本ぶんということです。

この話から「恋×外見」について考えてみようと思ったのが、この記事を書きはじめたきっかけです。

恋愛のキッカケは見た目から!【アンケート結果】

Twitterで以下のアンケートを取りました。

\ 恋のキッカケは見た目から?それとも? /

結果は一目瞭然。

恋のキッカケは見た目から入る人が圧倒的に多いことがわかりました。

「自分磨き」という言葉をよく耳にします。有料恋愛相談を受けているのですが、「自分磨き頑張ります!」宣言を聞くことは実に多いです。

自分磨きをする方は…

  • 恋のキッカケがほしい方
  • 片思いを叶えたい方
  • 付き合っている人にもっと愛されたい方

いろんな状況の方が自分磨きに精を出しています。

そして自分磨きと言えば…

  • ダイエット
  • 筋トレ
  • 美容院に行く
  • 服のセンスを磨く
  • 人として成長する
  • 自分に自信をもつ
  • 読書をして知識をつける

自分磨きの例はいろいろ挙げられますね。

どれも自分磨きとして正解です。でも恋のキッカケがほしい方にとって大事な自分磨きは外見磨きです。アンケート結果が物語っています。

いくら性格をよくしても、いくら勉強(仕事)ができるようになっても、恋のキッカケ(第一印象)としてはヨワイということです。

恋のキッカケをつかむために自分磨きをしている方は、中身より外見に注力した方がうまくいくと言えます。

そんな!外見なんてそう変わらないし、生まれ持ったDNAで判断されるなんて!

ちょっと待った!

たしかに整形でもしない限り、劇的な外見の変化は得られないかもしれません。いわゆるイケメンや美女には簡単にはなれません。持って生まれたものがありますから。

でも、諦めないでください。諦めたらそこで試合終了です。

人の外見で特に大事なのは”清潔感”です。

清潔感とは…

  • 服や持ち物が汚れていない
  • ヘアスタイルが決まっている
  • 髭が整っている
  • 肌や歯がキレイ

これって、顔の良しあし関係ありますか?-ないですよね。

清潔感は誰でもつくることができます。

外見とか整形しなきゃ無理じゃん…

と思う方は、ご自身の清潔感について今一度見直してみてください。

たとえば靴をサッと拭いてから家を出てみてください。それだけで自分の気分も人からの評価も変わりますよ。

自分のコンプレックスに人は目が行く

恋のキッカケは外見からということがわかりました。

とはいえ、外見と言っても具体的にどこ…?

と思ったので、Twitterのフォロワーさんに話を聞きました。今回は7名のフォロワーさんにご協力いただきました。

Twitterのスペースで恋愛トークを不定期でしています。スペースをリアルタイムで聞いてみたい!参加して話したい!という方はわたしのTwitter(@chanmori_vv)をチェック。

本題に戻ります。

今回話を聞いたフォロワーさんの中には「恋のキッカケは外見以外だ」と答える方もいらっしゃいました。それを否定する気はまったくありません。

でも今回の記事では「外見」に引き続きフォーカスしていきます。

実際にみなさんに、外見のどこを特に気にするか聞いてみました。

初対面の人(たとえばコンビニ店員さんとか)のどこを見ますか?

  • 手、指、爪
  • お腹
  • 後頭部(絶壁かどうか)
  • 脚、ふくらはぎ

ほどよくふくらはぎに筋肉がついているといい!

お腹が出ている人はムリ!

爪の間に汚れが溜まっているとゾッとする!

後に聞いてみると、目がいく部分は自分自身にコンプレックスがある場所が多いという傾向がわかりました。

たとえば「目」に目が行く方は自分の目にコンプレックスがある。「後頭部」に目が行く方は自分が絶壁頭であることを気にしている、といった具合です。

つまり人の外見で目が行く場所は人によってそれぞれ違うということです。でも、共通してみなさんが見る外見のある部分もありました。

恋のキッカケは「毛」から!

スポンサーリンク

みなさんが共通して、人の外見で注目するものは「毛」です。

  • 鼻毛
  • 眉毛
  • ヒゲ
  • 髪の毛

鼻毛が出ている人はムリ!

ヒゲが整っていない人はムリ!

髪型がキマッてないとはじまらないでしょ!

毛の処理、できていますか?鼻毛が一本出ているだけで恋のキッカケは断たれます。

毛を制する者は恋を制する!

と言っても過言ではありません。(過言かもしれません)

話によると、年齢を重ねると鼻毛や耳毛などあらゆる場所の毛が暴れだすようです。勝手な感覚ですが、40代からは特に毛には気にしていきたいですね。

自分磨きは人に見られるところからするのが効率的

人の外見で気になる場所は、自分がコンプレックスに思っているところが多いようです。

実際わたしも一重がコンプレックスなので、人の顔を見るときに真っ先に目が行くのは目です。

一重の男性は嫌い、とかそういうわけではないんですけどね。

自分のコンプレックスと、人のコンプレックスは違います。

つまり自分のコンプレックスをどうにかすることより、大多数の人が目にいく部分を磨くべきです。

つまり、「毛」です!

そうなのか…?!

とにもかくにも、パッと見の第一印象で性格まで見抜くことはできません。人は見た目が9割ともいうくらいですからね。

\ 人は見た目が9割 /

自分磨きの真骨頂、この本を読めばOK

自分磨きと言えば、目に見えた変化を求める方が多いです。ダイエットや筋トレ、それに資格を取ってみたり。

特に数値的に結果が出るものはわかりやすいので、自分磨きのやりがいにもつながります。

でも、自分磨きって目に見えるものだけではありません。

人としてレベルアップすること、ボトムアップすることも自分磨きの一つです。

それは体重が何キロになったとか、どんな仕事がうまくいったとか、そういう意味ではありません。

この記事とは反するようですが、中身を磨くことで結果的に自分の理想とする外見を手に入れることができます。

自分磨きと言われるものは、全部やった!もうやることはない。わたしの魅力に気づいて、誰か!

そんな方は、この本を読んでみてください。

\ 『“一生美人 ”力 人生の質が高まる108の気づき』齋藤薫 /

きっとまだできることがあります。だってこの本では美人になるための108のメソッドが書いてあるのですから。

この本は女性向けに書かれていますが、男性も読み応えあると思いますよ。(多少の脳内変換は必要です)

わたしもこの本を読んでから明らかに自分が変わりました。

人に「変わったね」と言われたわけではありませんが、自分に自信がつきました。

それはこの本に書かれている「108の気づき」を意識しはじめたからです。

本の概要が知りたい方はわたしが書いた簡単書評をご覧ください。【書評】『“一生美人 ”力 人生の質が高まる108の気づき』齋藤薫|美人になれるかは意識次第

外も中も磨いて、恋のキッカケをつかんでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました