管理人ちゃんもりをTwitterでフォローする >>

男性の家に行くとき、女性は何もないとは思ってない

この記事は約8分で読めます。

女性が男性の家に行くとき、男性も女性もそれなりにドキドキするはずです。

今回は二人の関係がある程度できている場合の話をします。

明らかに男女の二人が友達同士という場合はこの記事に当てはまらないので誤解されぬようお気をつけください。

この記事を読んでほしい方
  • 男性の家に行くときの女性の心理が知りたい方
  • 女性を家に呼ぶときの心構えが知りたい方
  • 男性の家に行くときの心構えが知りたい方

 

実際に男性の家に行ったときのわたしの体験談も二つお話しします。

男性の家に行くとき女性は覚悟している

二人の関係がカップルでなくても、いわゆる“いい感じ”であれば女性はある程度の覚悟をしています

何を覚悟しているかは説明するまでもないですが、一線を越える可能性があるということ。

たとえ付き合っていなくても、付き合う直前であればそういう雰囲気はお互い感じ取っているはずです。

本来であれば、告白→キス→…と順番があるかもしれません。でも、特に大人になるとこの順番は当てになりません。

一線を越えてから「付き合おうか」という確認に入ることもしばしば。なんなら「付き合おう」の言葉もなく関係が成り立つこともあるでしょう。

この場合、遊ばれてるの?と不安になりますが。

話は少しそれましたが、何が言いたいかというと男性の家に行くとき女性は覚悟しているということ。

ただ、付き合った経験がないような女性であれば、覚悟できていない可能性もあります。

そのため男性は「家に来た=今日いける!」と安易に判断してはいけません。

女性のいままでの恋愛遍歴やタイプを理解した上で、女性が覚悟の上、家に来ているのか考えましょう。

【女性へ】男性の家に行くときの心構え

恋愛経験が少ない人も多い人も、男性の家に行くときは外でデートや遊ぶときとは違って覚悟が必要です。

一線を越えるかもしれない。

その可能性があることを頭に置いて男性の家に行きましょう。

一線を越える場合、それなりの準備が必要です。下着は?ムダ毛は?お腹はぷよぷよじゃない?

彼に見せても恥ずかしくない準備をしてから家に行きましょう。

嫌ならもちろん断ってOKです。でも男性側は少なからず期待しているのが事実です。

“いい感じ”ではあるけど、まだ一線を越える気はない、という場合は男性の家に行くのはもっと先にした方がいいでしょう。覚悟ができてからでも遅くはありません。

また、あなたがただの友達だと思っていても相手はあなたを好きかもしれません。相手に誤解されたくないのであれば男性の家には行かないのがベターです。

誤解されてしまったわたしの体験談を後でお話しします。

【男性へ】男性の家に女性が来るときの心構え

男性は女性が家に来るときにまずいろいろと準備しなければなりません。

部屋の準備が整ったら、そういう雰囲気になったときの必需品も必ず用意しましょう。

あとは当日の女性の様子をよく観察していけるのか、いけないのか判断しましょう。

この記事は、男性の家に行くときに一線を越えることに期待する女性について書いています。

誤解してほしくないのですが、みんながみんな一線を越えたいと思っているわけではありません。

強引な行動は絶対NGですよ!

男性の家に行って思わぬことになった【体験談】

スポンサーリンク

会社の先輩の引越しを手伝いに行ったときのことです。

わたしはその先輩のことが好きでした。恋愛感情はなかったので慕っていたと言った方が誤解を招かないかもしれません。

先輩が引越しすると聞いたとき、わたしから手伝いに行くと申し出ました。先輩は助かる、と喜んでくれました。

引越し当日、予定通り作業は進みました。ほっと一息つきかけたとき、思わぬことが起きたのです。

先輩に後ろからハグされました。あまりに突然のことだったので、振り払う余裕もなく先輩の腕の中にすっぽり入ってしまいました。

…。

先輩は無言でした。まるでわたしの次の反応を伺っているようでした。

わたしは先輩のことを好きだけど、それは会社の先輩として。恋愛感情は持ってなかったのでひどく焦りました。

先輩(^^)何やってるんですか?

できるだけいつも通りの声でこう言いました。すると先輩はパッとわたしから離れ、

ごめんごめん!びっくりした?!

先輩はとぼけていました。先輩はわたしの気持ちを確かめたかったんだと思います。なんだかズルいですよね。

幸い先輩は強引な人ではなかったですし、むしろ優しい方だったのでこれ以上先に進むことはありませんでした。

でももし強引な人だったら…?理性のはたらかない人だったら…?どうなっていたか分かりません。

もちろん嫌なら拒否したらいい話ですが、人によっては流れに身を任せてしまう女性もいると思います。

この経験をしてから安易に男性の家に行くのはやめようと、わたしは思いました。

男性の家に行って拍子抜けした【体験談】

大学生のときのバイト先での話です。わたしにはそこに好きな人がいました。

バイト先は居酒屋で朝の4時まで営業しているところで、そのおかげか社会人もバイトに来ていました。

わたしの好きな人はその社会人で、元々店長の知り合いだったのでバイトというより半分遊びに来ているような人でした。

彼は6つ上の人で大学生のわたしからしたら、大人の色気のある人でした。

彼は週に1回来るか来ないかであまり会うことができず、もんもんとしてました。

ある日彼と一緒にバイトを上がることができ、バイト先から家まで車で送ってもらうことになりました。

黒のサーフに乗ってて、めちゃくちゃカッコよかったなぁ…大きい車すき。

家に着くと「おつかれー」と自然に降りる形になりました。

車の中でもう少し話したかったな。

と思いつつ、「ありがとうございました!」と車を降りました。それから自分の部屋に入りLINEを打ちました。

送ってくださり、ありがとうございます!

いえいえー。

すぐに返信が来ました。

 

なんと返そうか、運転中だしむしろ返事しない方がいいか?

などと考えていたら時間が経っていました。ちなみにバイト先と彼の家はA市にあり、わたしの家はB市だったので距離がありました。

もっとお話ししたかったです!

勇気を振り絞り、LINEで伝えてみました。

ん?時間あったの?暇なの?

はい!時間ありました。暇です!

じゃあ、もう一回行くわ。を入力してください。

ありがとうございます!待ってます!

彼はA市に帰っていたのに、またわたしの家まで戻ってきてくれました。

もうこの時点で期待しますよね。(早い?)

間もなく彼が再び自分の家の前に現れるという夢みたいな現実。

すでに日付けが回っていたので、どうかな?と思いつつこっそりお泊まりの用意を持っていきました。

彼の家に着いて、お酒とおつまみ。話したいと言ったものの何を話せばいいのか分からないわたし。

実際、何話したかまでもう覚えてません。

帰らなくていいの?

はい!

じゃあ風呂入る?

はい!ありがとうございます!

そうしてお風呂を借り、お泊まりすることが決まりました。

お酒を飲み直してから、いざ寝ようというときに

こっちおいで。

と言われました。もう尻尾振って行きますよね。

長くなりましたが、本題はここからです。決して広くない一つのベッドに男女がいる。しかもわたしは彼が好き。

好きにしてくれ。

それくらいに思ってました。ところが一向に何もはじまりません。なんなら早々に寝てる…?!

ちょっとちょっかい出してみよう。

そう思ってツンツンしました。するとお返しに?お尻を触られました。

これは…!この展開は!

と一人で興奮しかけたのですが(気持ち悪いですね、若気の至りということでお許しください)、彼はそのまま眠りました。

( ゚д゚)

わたしはというと、好きな人が隣で眠っていることにドキドキしてほぼ眠れないまま朝を迎えました。

話は長くなりましたが、「男性の家にお泊まりする=一線を超える可能性大」だと思っていたわたしにとってこの日の出来事はかなりの拍子抜けでした。

男性の家に行って何もないのは逆に失礼

あくまでわたしの個人的な考えです。

先ほどの体験談を読んでいただけば分かるようにわたしはかなり期待していました。

好きな人とあんなことやこんなことができる…!

それなのに結果としてお尻を触られただけ。わたしはショックでした。

彼がわたしのことを好きだとは思っていなかったので、付き合えるとかそんなこと微塵も思っていませんでした。

ただ遊ばれたかった(二度目の若気の至り)

男性の家に行くとき、それもお泊まりに行くとき女性は何か展開があると期待します。

それなのに何もなければ逆に女性に失礼です。女として魅力がないと言われたも同然です。

反対に、覚悟がないのに男性の家に行く女性も失礼です。

何だよその気にさせておいて拒否って。

と男性に思われかねません。

そのため男性の家に行くときは男女ともに、次の展開があるかもしれないと思っておくべきだとわたしは思います。

タイトルとURLをコピーしました