非公開記事のパスワードはこちら >>

これで大丈夫!遠距離恋愛がうまくいく4つの方法【体験談】

この記事は約5分で読めます。

遠距離恋愛は何かと不安がつきものです。物理的な距離が遠いと心の距離も離れがちです。

はじめから遠距離恋愛ならまだしも、付き合っている途中で遠距離になってしまうと余計不安なものです。

わたしも遠距離恋愛を経験したことがあるのでその気持ちよく分かります。体験談をふまえて遠距離恋愛がうまくいく方法をご紹介したいと思います。

この記事を読んでほしい方
  • 遠距離恋愛で心がけるべきことが知りたい方
  • 遠距離恋愛で不安な方
  • 遠距離恋愛をうまくいかせたい方

遠距離恋愛はうまくいくのか【体験談】

わたしは近距離から遠距離恋愛になるという経験をしたことがあります。一週間のうちに数回ご飯に行ける距離にいたのに、急に飛行機か新幹線に乗らないと会えない遠距離になりました。

はじめはとても不安でした。でも不安になる理由を解消していくことでなんとか物理的距離を越えることができました。いまではその人と結婚して幸せに暮らしています。

遠距離でいろいろな問題にぶち当たりましたが、そんなときに共通して言えることは相手を信じられるか。ということです。

相手を信じるということが遠距離恋愛だと、普通より難しくなります。それをどう乗り越えていくかというのが遠距離恋愛をうまくいかせることにつながっていきます。

体験談をふまえて遠距離恋愛がうまくいく方法をお話ししていきたいと思います。

遠距離恋愛がうまくいく4つの方法

スポンサーリンク

遠距離恋愛をうまくいかせるためには以下の4つが大事になります。

  • 連絡を取る頻度を決める
  • 次のデートの予定を決める
  • 金銭面の話し合い
  • 相手を信じる

 

これらについて詳しくお話ししていきたいと思います。

連絡を取る頻度を決める

遠距離恋愛になったらまず決めたいことが連絡頻度です。遠距離になるということは、どちらかの生活環境が変わることを意味しています。仕事が変わるのかもしれませんし、実家から一人暮らしになるのかもしれません。

状況は様々ですが、遠距離恋愛になったということは相手の生活スタイルが変わることを理解しなければなりません

生活スタイルが変わるといままで通り連絡を取ったり、デートをすることができなくなる可能性があります。

朝のおはようからはじまり、夜のおやすみまでLINEをするのが当たり前のカップルもいるかもしれませんがそれができなくなることもあります。

お互いが無理のない範囲での連絡頻度はどれくらいなのかをまず決める必要があります。厳密に1日5回LINEをする、とまで決める必要はありません。それでは窮屈です。

連絡頻度はこのような感じで決めましょう。

  • 最低1回は連絡を入れあうようにする
  • 週末は電話をする

 

状況によりますが、これくらいなら連絡取れそうですよね?遠距離恋愛がうまくいかなくなるのは、相手の状況が理解できないときです。

自分よがりなワガママを言うのではなく、相手の状況や気持ちを理解してこそ遠距離恋愛はうまくいきます。

次のデートの予定を決める

近距離の場合は次のデートの予定が決まっていないこともありますよね。「今日空いてる?」「週末ご飯食べに行かない?」と気軽に誘えるのが近距離のいいところです。

逆に遠距離になるそそうはいきません。あらかじめ予定を合わせてデートすることになります。そのためデートの予定を決めることが大切になってきます。

次のデートが決まっていないと不安になる場合があります。次いつ会えるか分からないなんて、このまま自然消滅…?なんてネガティブな考えに至る人もいるかもしれません。

相手を不安にさせないためにも次のデートの予定はいつでも決めておくようにしましょう。

仕事の都合などですぐに決められない場合も、○日になったら仕事のめどがつくから。などと状況を相手に伝えておくのがベター。ちょっとした心がけが遠距離恋愛には不可欠です。

金銭面の話し合い

遠距離恋愛になるとお金がかかるようになります。交通費をはじめ、距離によっては泊まりがけのデートになることもあります。

わたしもいまの夫と遠距離恋愛をしていた頃は、毎度のデートが泊りがけでした。そのため交通費だけでなく宿泊費も必要でした。

そのお金をどうやって出し合うかは二人であらかじめ決めておくと揉め事などになりません。わたしの場合は夫に金銭負担を多くしてもらっていました。

  • 宿泊費、食事代は夫持ち
  • 交通費は各自持ち
  • デートの場所はお互いの家の真ん中

 

アバウトですが、このようなルールを決めることで金銭面で揉めるようなことはありませんでした。デートの場所はお互いの家と家の真ん中あたりのことが多かったです。

夫の家の方に行ったこともありましたが、そのときは次のデートはわたしの家の方にしたりとできるだけ平等にしていました。

遠距離はお金だけでなく時間もかかるのことを忘れてはいけません。来てもらうということはお金も時間もかかっていることを念頭に置いておけば相手に自然と気遣いのできる人になります。

相手を信じる

遠距離恋愛においてなにより大事なのが相手を信じることです。近距離でももちろん大事ですが、遠距離だとなおさらです。

連絡頻度やデート頻度が必然的に少なくなることが多い中、いままで見えていた部分が見えなくなってしまいます。

いま何してるのかな?
この週末は何の予定が入っているのか?
もしかして別に人と会っているのでは…?
好きな人が新しくできていたりして。

良からぬ妄想をはじめると止まらなくなってしまいます。何の根拠もないのに相手を疑ってしまうことが多いのも遠距離恋愛の一つの特徴ですね。

疑う方も疑われる方もいい気はしません。お互いにとってメリットのないことなので、余計な心配はしてはいけません。

遠距離になったからこそ相手を信じる気持ちを強く持たないとうまくいきません。

遠距離恋愛がうまくいく方法は思いやりの上で成り立つ

最後に伝えたいのは、遠距離恋愛で何より大切にしたいのは相手を思いやる気持ちです。相手を思いやる気持ちが根底にあれば紹介した4つの方法を使ってうまくやっていくことができます。

  • 連絡を取る頻度を決める
  • 次のデートの予定を決める
  • 金銭面の話し合い
  • 相手を信じる

 

これらはすべて思いやりの上に成り立ちます。相手の状況や気持ちを理解して思いやりを持つことができれば遠距離恋愛でもうまくいきます。

物理的距離が原因で心の距離が離れるようであれば、近距離であろうと同じ結末を迎えるでしょう。

あなたたちカップルが遠距離に負けないことを祈っています♡

タイトルとURLをコピーしました