非公開記事のパスワードはこちら >>

来世は一緒になろうね、と本気で約束した

この記事は約2分で読めます。

突然はじまったあなたとの恋
昨日まではなんでもない関係だったのに

「ごめんね」の一言から
急に距離が近くなった

わたしたちは隠れて恋をした
誰にも知られてはいけなかった

それなのにわたしたちは毎日のように会って
お互いどんどん惹かれていった

もうこれ以上は、
と何度も立ち止まろうとした

でも無理だった
最後の時が来るまで求めあった

別れは予期していた
はじめからわかっていた

その時がくることは知っていた
でも二人とも知らないふりをした

会う度にカウントダウンはゼロに近づく
それに反して好きな気持ちは増していく

好きだよ、
むなしく響く

愛してるよ、
すーっと通り抜けていく

心に必死にとめようと
たくさん言葉にするのに

どれも儚くてもろくて
少し油断したらすぐに消えてしまう

愛し合うたび
離れていく

世界で一番近くにいるのに
もう一緒にいられない

こんなに近くにいるのに
もう一緒にいられない

もっと一緒にいたいのに
二人は同じ気持ちなのに

もう一緒にいられない

さようなら

またね、なんて続かない
わたしたちはこれでおしまい

はじまりから終わりにかけて
好きな気持ちはふくらみつづけ

最後は割れることなく
さようなら

来世は一緒になろうね、
本気で約束をした

来世で見つけられるように
大きな大きな風船を大事に持ちながら

タイトルとURLをコピーしました