管理人ちゃんもりをTwitterでフォローする >>

油断禁物!夜景を見ながらの告白は失敗することも【体験談】

この記事は約9分で読めます。
スポンサーリンク

あなたは夜景を見ながらの告白に憧れますか?もしかしたら実際に夜景を見ながらの告白を計画している方もいるかもしれません。

これまでにわたしは、夜景を見ながらの告白を3度されたことがあります。その経験をふまえてお話ししていきたいと思います。

30秒でパッと確認したい方はこちらをご覧ください♡

夜景を見ながらの告白のメリット

夜景を見ながらの告白はロマンチックです。このシチュエーションに女性は憧れる方が多いかもしれません。

夜景をバックに告白となると、勝手なイメージですが男性が女性に告白するときが多い気がします。(もちろん性別にこだわる必要はありませんが)

わたしも実際、夜景を見ながら告白されたことはあっても、告白したことはありません。

さて、夜景を見ながらの告白のメリットを体感的にお話ししたいと思います。

夜景を見ながらの告白のメリット
  • ロマンチック
  • 夜景が相手をいつもより良く見せる
  • 告白の成功率が上がる

 

ロマンチック

道端で告白するか、夜景を見ながらの告白かであればどちらがロマンチックだと思いますか?一目瞭然ですね。やっぱり夜景を見ながらの告白の方がロマンチックです。

誰もいない夜景スポットで二人きり。物音もなくて風で葉っぱが揺れるくらい。いつもは見えない星が目の前に広がっている。

そんなシチュエーションで告白されたらロマンチック以外のなにものでもありません。夜景スポットは告白する場所の候補として上位に挙がってくるでしょう。

夜景が相手をいつもより良く見せる

素敵な夜景のおかげで相手がいつもよりカッコよく、可愛く見えます。まさに夜景マジック

相手のことが好きでなかったとしても、二人きりで夜景を見ているとなんだか意識しはじめてしまう。こんな経験がある方もいるのではないでしょうか?

告白の成功率が上がる

夜景を見ながらの告白はロマンチックで、しかも相手がいつもより良く見える。つまり必然的に告白の成功率が上がります

なんでもない道端での告白と夜景を見ながらの告白では雲泥の差な気がしませんか?

マンガやドラマなどの影響で、告白のシチュエーションに憧れを持っている方が大勢いると思います。

ドラマの告白シーンを思い浮かべると、背景が夜景なことが多くないですか?お台場の夜景をバックにしたシーンは誰もが見たことがあるはずです。

相手がたとえ好きでなかったとしても夜景を見ながらの告白であれば、雰囲気の良さにOKしてしまう方もいるかもしれません。

それくらい夜景マジックはすごいものです。

夜景を見ながらの告白のデメリット

スポンサーリンク

夜景を見ながらの告白にはデメリットもあります。なぜそう思うかというと、わたしは夜景を見ながらの告白を3回中の2回断ったことがあるからです。

夜景を見ながらの告白のデメリット
  • 勢いで告白をしてしまうときがある
  • 夜景マジックに掛からない場合もある
  • 告白失敗の場合、帰り道が気まずい

 

デメリットもふまえた上で夜景バックに告白するかどうか考えてみましょう。

勢いで告白をしてしまうときがある

夜景に誘う=相手に気がある、と捉えてまず間違いないでしょう。映画などならまだしも、嫌いな人と夜景をわざわざ見たいとは普通思いませんからね。

そのため夜景に誘うということは、相手に自分の気持ちを気付かれてもいいというサインの一つになります。

夜景のお誘いをOKしてもらえたら、脈アリかも?!と思うかもしれません。そして、いざ素敵な夜景と好きな人を目の前にすると予定していなかった告白を勢いでしてしまう可能性があります。

告白が成功したら万々歳ですが、失敗の可能性も大いにあります。なぜなら夜景のお誘いにOKしてくれただけでは脈アリと判断するには早いからです。

夜景のいい雰囲気に流されて、勢いで告白して失敗してしまうことのないよう気を付けましょう。

夜景マジックに掛からない場合もある

あなたがいくら夜景が綺麗でも、相手がどう思っているかは分かりません。

夏場は虫いないかな?とか冬場だと寒いな。などと思っている場合もあります。こんなことを考えているときは夜景マジックに掛かっていません

夜景に誘えたことが嬉しくてあなただけが舞い上がっている可能性も。相手の表情や仕草から夜景を楽しんでいるかよく見ましょう。告白はそれからでも遅くありません。

夜景に誘えた=告白が成功するとは限らないと覚えておきましょう。

告白失敗の場合、帰り道が気まずい

夜景を見に行くということは徒歩ではない可能性が高いですね。車の場合が多いのではないでしょうか。

徒歩でも車でもどちらでもいいですが、帰り道はそれなりに同じ方向なことが多いでしょう。夜景を見に行って現地解散ということはまずないと思います。

それであれば、告白が失敗したときの帰り道のことを考えておいた方がよいです。

なぜなら、成功したときは手を繋いでラブラブで帰ることになっても失敗したときは気まずさしかないからです。

告白を断った相手は何も悪くはありません。告白を予期していたわけではないですから。告白した側が責任をもって雰囲気作りに努めるべきでしょう。

告白が失敗するときのことも考えて、帰り道の話のネタはあらかじめ準備しておくと安心ですね。

夜景を見ながらの告白で成功した話【体験談】

忘れもしない、ハタチの誕生日のことです。19歳の最後の夜に好きな人に夜景を見に行こうと誘われました。

車で迎えに来てもらって、地元だけど行ったことのないマイナーな夜景スポットに連れて行ってもらいました。

マイナーなだけあって、人ひとりいない静かな場所で二人きりでした。

付き合ってはいなかったものの、二人で何度も遊び両思いであることはお互いが薄々気付いていました。

そのため、わたしは“今日きっと告白してもらえる”と期待に胸をふくらませていたことを覚えています。

夜景スポットに着くと、いつも通りのたわいもない話。気付くと無言になっていてボーッと綺麗な夜景を見ていました。

すると、好きな人はわたしの後ろにまわってバックハグ。「俺の彼女になってくれない?」わたしは彼の腕の中で「うん」と頷きました。

エモいー!(すでに死語?)

車に帰る頃には日付が回ってわたしの誕生日になっていました。19歳の最後と20歳の最初を好きな人と過ごすなんてもうしんでもいいと思うくらい幸せでした。

車の中では用意してくれてあった誕生プレゼントをもらいました。しばらく車の中で話し込んで帰宅。

とっても幸せな気分になった夜景を見ながらの告白でした。

夜景を見ながらの告白で失敗した話【体験談①】

わたしが失恋して間もないときのことです。

夜景でも見て気分転換しない?

と仲の良い男友達に誘われました。

失恋で意気消沈していたわたしは、言われるがまま夜景に連れていかれました。

決して強制的に連れていかれたわけではありませんが、失恋でもう自分の意思をどこかに置いてきていました。

寒い日でした。気温もよく感じられないほどに弱っていたわたしは薄着で出てきてしまいました。

男友達は「寒くない?大丈夫?」と上着を貸してくれました。タバコの臭いがしてすごく嫌でした。

この時点で夜景マジックには掛からないだろうと自ら確信。

男友達はわたしをいろんな言葉で慰めてくれました。とても有り難かったし、失恋したことを話したのはわたしの方なのだから感謝しかないはずが、やっぱりタバコの臭いが気になったのを覚えています。

半分上の空で男友達の慰めの言葉を聞いていると、「付き合ってほしい」というワードが聞こえてきました。

ずっと黙って聞いていたけど「え?」と思わず返しました。「実は前から好きだった、お前が彼氏と別れたら告白するって決めてた」そんなことを言われました。

いやいや…わたし失恋したてなんですけど?

男友達は至って真剣なようでしたが、わたしはもちろんお断り。恋愛は好きですが失恋の傷を他の男で癒すほど男好きではありません。

男友達が勢い余って告白してしまったのか、なんなのかよく分かりませんが帰り道が気まずかったことは確かです。

わたしは失恋して落ち込んでいるし、相手はわたしに振られて無言だし…

二人とも気分だだ下げで帰路に着きました。男友達はわたしが失恋して落ち込んでいるときが、チャンスだと思ったのでしょう。

残念な勘違いです。

夜景を見ながらの告白で失敗した話【体験談②】

もう一人、夜景を見ながらわたしに告白してきた人がいます。その人は友達ともまだ呼べないような、出会って間もない人でした。

出会いは居酒屋。わたしの行きつけの居酒屋の店員さんに一目惚れしたことがはじまりです。

連絡先を聞いて猛アピールの末、彼の方から夜景に誘ってくれました。バイクに乗る人だったのでタンデム(というのですか?)で夜景スポットへ。はじめてのバイクだったのですごく楽しかったです。

行き道までは…

結構な山奥まで連れて行ってもらったのですが、開けている場所があるわけでもないところでした。

そのため街を見下ろすパターンの夜景ではなく、上に広がる星空を満喫するパターンの夜景でした。

ヘルメットを取って雑談していると彼は少し丘になったようなところへ。

そこからわたしにこう叫びました。

好きだーーー!付き合ってほしい!!

・・・。

いや、夜景を見に来るまではたしかにわたしは彼のことが好きだったんです。行き道も楽しくてワクワクしてたんだす。

でも、彼の告白にドン引き。わたし急に冷めるクセがあって…まさにこの告白の仕方は生理的に受け付けませんでした。

わたしが無反応なので彼は「…?」という顔をしているし、わたしも言葉が出ず…

ドン引きしすぎて、その後の会話はよく覚えていません。

ただ、帰りも二人乗りで帰る必要があります。彼に抱きつく格好になります。めちゃくちゃ気まずかったですが、落ちてしぬのは嫌だったのでしがみついて帰りました。

その後、彼とは一切連絡を取らなくなりました。行きつけの居酒屋が一つなくなった瞬間です。

夜景を見ながらの告白は慎重に

好きな人を夜景に誘えたら脈アリかも?!と思うのが自然かもしれません。でもわたしの体験談でお話ししたように、夜景を見ながらの告白が必ずしも成功するわけではありません。

告白するときは夜景の有る無しに関わらず、慎重にいくべきです。

万が一、夜景を見ながらの告白で失敗した際は帰り道にかなり気まずくなることを忘れずに。

あなたの夜景バックの告白がうまくいきますように。心より願ってます!

タイトルとURLをコピーしました