非公開記事のパスワードはこちら >>

わたしの好きな人は友達の好きな人。そんなときどうする?

この記事は約2分で読めます。

友達と好きな人が被ることってありますよね。

活動範囲が友達と被りやすい学生の頃に経験することが多いと思います。

そんなときあなたはどうしますか?

友達のことを考えて諦める?
それとも諦めない?

心優しい人は、友情を第一にと諦めるかもしれませんね。

でもそれは友情が大事とかいう話ではありません。

だって好きな人のことが本当に好きなら諦められるはずがないからです。

諦められるということは、好きの気持ちはその程度ということです。

別にそれが悪いとは言いません。友達のためにと諦められるのであれば、諦めたらいいと思います。

あなたに伝えたいのは、友情より自分の気持ちを優先したいと思ったときに罪悪感を持つ必要はないということです。

だって、あなたは友達をライバルに仕立てたくて好きな人をわざと被らせたわけではないでしょ?

友達の好きな人を横取りして、優越感に浸りたいとかそんなこと思っていないでしょ?

それなら全然問題ありません。

あなたは好きな人のことを、素直に好きなままいればいいのです。

いつ誰を好きになってもいいのです。

とは言っても、友達にあなたの気持ちを打ち明けるかどうか悩みますよね。

好きな人が被っていることが分かっているなら、伝えた方がいいでしょう。

そうでないと、もしあなたと好きな人が結ばれたとき友達に「横取りされた」と思われかねないからです。

あなたにそんな気はなくても勘違いされてしまうかもしれません。

万が一の友達とのすれ違いが起こらないためにも、好きな人が同じ人だということは気付いた時点で伝えておくといいですね。

友達は微妙な反応をするかもしれません。

「わたし、あの人のこと好きって言ったよね?!」と問い詰められるかもしれません。

でもあなたは友達に正直に伝えた以上、正々堂々と好きな人を好きなままいたらいいと思います。

だって選ぶのは好きな人自身なのですから。

あなたたち二人がどっちが先に好きになったとかは関係ありません。

好きな人が二人のうちのどちらを選ぶか、もしくは全然違う人を選ぶか。それは好きな人の勝手です。

だから友達に「なんなの!好きな人が同じだなんて」などと言われても気にしなくて構いません。

友達と好きな人が被ってしまった場合、好きな気持ちを抑える必要はありません。

友達には気持ちを打ち明けた上で、良きライバルとして付き合っていってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました