非公開記事のパスワードはこちら >>

あなたは嫌いと言ったけど わたしは世界で一番好きだった

この記事は約1分で読めます。

大きな手

同じところにホクロがあるね
中指を触りながら言い合ったね

運命かもしれない なんて言いながら

その大きな手で
優しく頭を撫でてもらえるのが好きだった

大事に 大事にしてくれた

彼は自分の手の形が嫌いと言ったけど
わたしにとっては世界一好きな手だった

得意な料理をつくってくれたこともあったね
なんでもできる 彼の大きな手

いまは わたしじゃないあの人を
あの人たちを守る大きな手

もうわたしは触れられない

もう少し いやこの先ずっと
彼の大きな手をひとりじめしたかった

覚えてるかな?
おそろいの中指のホクロ

わたしのはもう消えてなくなりそうだよ

運命かもしれない
その言葉とともに 消えていく

タイトルとURLをコピーしました