非公開記事のパスワードはこちら >>

自暴自棄になって体をすぐ許してしまうあなたへ

この記事は約2分で読めます。

すぐに体を許してしまうことはダメだと分かってる。

でもやめられない?

わたしもかつてそんな時期がありました。

大失恋をして「もう、どうにでもなれ!」と思い、遊んでもらうことで寂しさを紛らわせていました。

もし、あなたもいまそんな状況であればすごく辛いですよね。

「もうこれっきりにしよう」と思っても何度も繰り返し遊んでしまう。

だって寂しいから。

遊んでいるときは寂しさを忘れられるんですよね、ほんの一瞬だけ。

でも家に帰ると後悔して…

こういうときはわたしの経験上、気が済むまで遊べばいいと思います。

もちろん最低限の節度は守った上で。

世間一般的には「経験が多い人=軽い人」と思われてしまうでしょう。

でも、それってあなたが言わなきゃ誰にも分からないこと。

あなたが何人の人と遊んだかなんて言わなきゃ分からないことです。

だから事実はあなたの中に秘めておけばいいのです。

体をすぐ許してしまうことはダメだと頭で分かっていても、体は言うことを聞きません。

たとえ友達に「もうやめなよ」と言われても、自制するのは無理な話です。

ではどうしたらいいか。

体をすぐ許してしまう状態から抜け出すには、やはり自分の気が済むまで遊ぶしかないと思います。

そしてそのうちこんなことを思いはじめるでしょう。

「なーんだ、下手くそ。こんなもんか」と思ったり「あの人の方がよかったな」と思ったり。

だんだん男性の平均値が分かるようになり、それと同時に自分がどんな男性がタイプか分かってきます。

そうするときっとあなたは体を簡単に許すことをやめるでしょう。

不特定多数の人と遊ぶのが嫌になり、自分の理想の人を見つけようします。

そしてこれからの恋愛は遊んだ経験を元にうまくやっていくはずです。

そのときが来るまでは最低限の節度は守った上で、楽しんでくださいね。

だって無理にやめようと思っても難しいんですから。

長い人生、そういう時期もあっていいと思います。

タイトルとURLをコピーしました