管理人ちゃんもりをTwitterでフォローする >>

友達以上恋人未満の関係ってどんな感じ?【体験談】

この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

友達以上恋人未満の関係。

そんな関係の人いままでにいないなぁ。

友達なのか恋人なのかどっちだよ。

友達以上恋人未満の言葉は聞いたことがあっても、実際に経験がないと関係性の想像がしにくいはずです。

今回の記事は、実際にわたしにいた友達以上恋人未満の人の話を元に進めます。わたしにとっては心地よい関係でしたが、彼にとってはどうだったのか…?

体験談を交えてお話しします。

この記事を読んでほしい方
  • 自分が友達以上恋人未満に思われているか知りたい方
  • 友達以上恋人未満の関係がどんな感じか知りたい方
  • 友達以上恋人未満の連絡頻度など知りたい方
  • 相手と脈アリかどうか知りたい方

 

友達以上恋人未満の関係とは

友達以上恋人未満とは、言い換えるといい人止まりの関係を表します。

他の友達より魅力的だし仲良くしたいけど、付き合うまでいかない。そんな人との関係は友達以上恋人未満になります。

お互いが友達以上恋人未満と認識していれば心地よい関係になり得ると思います。

でもどちらかが恋愛としての「好き」の感情を持っていると脈アリと勘違いして切ない結末になるかもしれません。

切ない結末…

体験談をこの記事の後半に書いているのでそちらをご覧ください。

友達以上恋人未満の関係の3つの特徴

スポンサーリンク

友達以上恋人未満の関係を以下の3つに分けて詳しくお話しします。

  • 連絡頻度
  • 遊ぶ頻度
  • 遊んでいるときの雰囲気

友達以上恋人未満の人との連絡頻度

友達以上恋人未満の人とはお互いが気まぐれで連絡する感じです。友達以上なので普通の友達よりは連絡頻度高め。

でも恋人としての意識はないため、たとえ返事がすぐに返ってこなくても気になりません。

LINEだと途中で連絡が途絶えることもしばしばですが、それでもお互い気にしません。

途中で連絡が途切れたとしても、どちらともなく連絡が再開され遊ぶ約束をしたり、良き相談相手となります。

友達以上恋人未満の人との電話は定期的にではなく、たまにします。相談事があるときにどちらともなく掛けて話します。長電話のときもあれば短時間で終わるときも。

簡単に言ったら気を遣わない関係ですね。

LINEでの言葉遣いや絵文字に関しては、すごく素っ気ないこともあったり絵文字でハートを使用したり。お互いそのときの気分です。

つまり、連絡頻度が高い=脈アリという定義は成り立ちません。もし連絡をたくさん取っているから脈アリかも?と思っている人は考えが浅いです。他の脈アリポイントと複合的に考えるべきでしょう。

Twitterでアンケートを取りました。

お恥ずかしいことに10票しか集まらなかったので説得力がありませんが。

友達以上恋人未満の人との連絡頻度は「週1回以上」取る人が多いようです。

友達以上恋人未満の人と遊ぶ頻度

友達以上恋人未満の人と遊ぶ頻度は、連絡頻度と同じように気まぐれです。

遊ぶタイミングとしては、どちらかが行きたいことやしたいことがあったときに誘うことが多いです。

特に目的がないのに「来週の日曜日遊ばない?」などと連絡はしません。どこに行きたいという明確な目的があるときに遊びます。

でも、明確な目的がなくても遊ぶことも無きにしも非ずです。それはお互いが暇なときです。

暇なときに「いまからご飯行かない?」と急なお誘いをすることがあります。友達以上恋人未満の人と普通の友達との違うポイントは優先順位です。

まず友達以上恋人未満の人を誘って、それがダメなら友達を誘います。友達以上恋人未満ということは一緒にいて居心地がいいので優先順位が自然に高くなります。

友達以上恋人未満の人と遊んでいるときの雰囲気

友達以上恋人未満の人と遊んでいるときの雰囲気は独特な感じかもしれません。

恋人ではないので手を繋ぐことはありません。でも歩くスピードが違うときに「ちょっと待ってよ」と自然と相手の服を掴むことはあります。

いまはコロナ禍で難しいですが食べ物や飲み物のシェアもします。友達以上恋人未満の関係の人との間接キスは特別なことではありません。

また、遊んだ帰り道に電車の中で相手の肩に頭を預けてうとうとすることもあります。

ここに書いたことは、人によっては恋人以上の人にすることかもしれません。でも友達以上恋人未満の関係でもできることです。

そのためちょっと距離感が近い、ボディタッチがある、間接キスをしたというくらいで脈アリと判断するのは早いでしょう。

友達以上恋人未満の人への告白は慎重に【体験談】

友達以上恋人未満の男友達に告白されたことがあります。その男友達との関係はまさに先述したような感じでした。

連絡する取りたいときに取る、遊びたいときに遊ぶ。遊んでいるときの雰囲気は友達以上だけど恋人未満。

男友達はある日、電話で告白してきました。

○○と付き合いたい。

告白されるなんて思ってもみなかったのでとても驚きました。

そのため、わたしは彼にこう言いました。

ねぇ、どうしたの?笑 嬉しいけどさ、びっくりするじゃん。いまの聞かなかったことにするから、もし本気なら明日もう一回告白してよ笑

彼とのいままでの関係性を考えると、冗談で言っている可能性も否めなかったのでこんな返事をしました。

電話でしたがまさに「笑」付きで答えました。照れているというより「どうしちゃったのよ?笑」というテンションで。

そして翌日。

ないと思っていた電話が再びありました。

昨日のことだけど。やっぱり好きだから付き合ってほしい。

ここでやっと相手が本気だということが分かりました。

相手は本気で告白してくれたのに、気持ちをもてあそぶような茶化した態度を取ってしまったことを後悔しました。

二回も告白させておいて結果として振る形になってしまい、申し訳なかったです。

この経験から、友達以上恋人未満の人への告白は慎重にするべきだと思いました。

告白されたときも同様で、慎重に返事をするべきだと学びました。

友達以上恋人未満の関係は微妙な関係

友達以上恋人未満の関係は心地よく感じま。でもそれは「友達以上恋人未満」と思っている側の気持ちです。

相手に恋愛の「好き」という感情がある場合、友達以上恋人未満の関係は微妙で歯がゆい思いをすることになります。

自分が相手と友達以上の関係だと思っても、その相手はどう思っているか分かりません。

そのため、脈アリと取れる行動や言動があっても急ぐべからずです。時期尚早に告白したら振られてしまうかもしれません。

脈アリポイントが一つや二つではなく複数あるときに、はじめて恋人以上の関係になれる可能性があることを覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました